横浜で治療薬レビトラを使ったED治療では医師の指導を必ず受ける

PDE5型酵素の作用

横浜 レビトラ | 新宿二丁目初心者

PDE5型酵素の作用 | バルデナフィルってすごい

レビトラは、この世に初登場したEDの治療薬バイアグラに続いて開発されたED治療のための医薬品です。
レビトラという薬の名前は、フランス語とラテン語で男性の生命という意味です。
主成分はバルデナフィルで、水に溶けやすい性質を持っています。
そのため、バイアグラに比べて服用してから効果が発現するまでの時間が短めで、即効性で定評のある薬です。
バルデナフィルは、医薬品のジャンルとしてはPDE5型酵素阻害薬というジャンルに属します。
バルデナフィルの効能を知るためには、最初に勃起の現象が起こるメカニズムを理解しておく必要があります。
男性が性的に興奮したり刺激を受けると、一酸化窒素が放出されて性器の細胞内に血管の拡張物質が大量に生成されます。
この血管拡張物質の働きによって、陰茎の海面体を通る動脈血管が拡張して圧が高まり大量の血液が流入することで勃起が起こります。
そして、勃起の終息時には体内酵素の一種が作用します。
この酵素がPDE5型酵素で、PDE5型酵素が作用すると陰茎の血管拡張物質が減少して血管の弛緩が起こり勃起が終わります。
第2のED治療薬として登場したレビトラの主成分バルデナフィルは、このPDE5型酵素の作用をブロックする働きを持つ医薬品です。
そのため、服用することで勃起を終息させる酵素が作用しなくなって勃起状態が維持されます。
これがバルデナフィルの効能です。